top > dream > > イチゴミント【宍戸 亮】

イチゴミント【宍戸 亮】

「飴、食べます?」

朝、コンビニで買った飴の袋をカバンから取り出して。
貴方の様子を少し窺う。
その袋をじっと見て貴方は、

「ん、いい」

と、スポーツドリンクを飲んだ。
貴方の首を伝う汗が、太陽の光に反射する。

「そう、ですか」

私は袋からひとつ、飴を取り出した。
口のなかに広がるイチゴ味。
コロコロと舌の上を転がる三角の。

「甘いのあんま好きじゃねぇんだよ」

そう言って貴方は、ミント味のタブレットをガリガリ噛んだ。
知らないことがまだまだたくさんある。
まだ私たちは出会ったばかり。

下を向いたら、影が落ちて。
顔を上げる。

「…つぐみ…」

優しく名前を呼ばれた。
唇に柔らかく冷たい感触。

目の前には貴方。

私のなかに侵入した貴方は、ひんやりとして痛いくらい。
イチゴとミントが一緒になって、貴方の舌が飴ごと私のそれを絡める。

唇と唇が離れたとき、飴は私のなかにはなかった。

「…たまにはいいんじゃねえの」

イチゴ味の飴が、貴方のなかで転がった。

心臓の音が、止まらない。

next

return to page top