top > dream > > 怖いから戦う、彼はそう言った【ガイ・セシル】

怖いから戦う、彼はそう言った【ガイ・セシル】

『怖いさ。怖いから戦うんだ』

この長い旅を始めたとき、ルークに言ったその言葉が今でも自分の中に残っている。

たくさんの人が亡くなった。

フィーネはときどき、あの日を思い出して眠れなくなることがある。
16年前に起こったホド戦争。

暖かく自分を迎え入れてくれたガルディオス家の人々。
会えば優しい笑顔と言葉をかけてくれた島の人達。
消えていったぬくもり。

振り上げられた剣。
自分の体から噴き出る鮮血。
壁にこびりついた血痕。

孤独と恐怖。
そして虚しさ。
憎しみと共にくる哀しみ。

守りたかったひとを守れなかった自分への怒り。

「ふっ…く…っ」

フィーネの碧の瞳から大粒の涙が溢れた。
あのときの記憶は、何年たっても忘れることなんてできない。
旅の途中で立ち寄った宿屋の、薄暗い部屋のベッドの上でフィーネは膝を抱えた 。
その膝から出来たシーツの波がカーテンの隙間からもれる月明かりに浮かぶ。

コンコンッ

小さなノック。
蝶番からギィッと音が溢れた。
小さくて明るい光。
思わず顔を上げれば、そこにはガイが立っていた。

「夜這いに来たんだが、何だかそいつは無駄だったみたいだな」

ガイは持っていた灯りを小棚に置いて、フィーネのベッドに片足を全て乗っける 形で腰掛けた。
フィーネの頬を濡らす涙を親指で拭って、そっと彼女を抱き寄せる。

「……また昔のことを考えていたのかい?」

恐怖症からか涙のためか、震える彼女はガイの胸のなかでコクリと頷いた。
ガイはフィーネの背中をそっと撫でる。
この仕草がフィーネは好きだった。
ガイがこうすることでいつも安心する。
一人じゃないと思うことが出来る。

「ガイ様…。もう……どこにも行かないで…っ」

フィーネの手が、ガイの服を掴む。
ガイは一層彼女の背中にまわす腕に力をこめた。

「もうどこにも行かないさ。ずっとずっと君の…フィーネの傍にいる」

ガイは彼女の額に軽いキスをした。
やっと心が安らいだようにフィーネはガイに笑顔を浮かべる。

「ガイ様。私は一生…ガイラルディア様の影としてお仕えさせ て頂きます」
「妻、でいいんだけどな」

サラリと返すガイに、フィーネは赤くなった顔を隠すように彼の胸に顔を埋めた。
ガイは笑って、彼女の自分と同じ色の髪を撫でる。

『怖いから戦うんだ』

いつか、ルークに言った言葉がガイの頭をよぎる。
今ならその先のセリフにもう少しだけ付け加えることがある。

君の傍にずっといたいから。

next
back

return to page top