home > text > > 呼べない名【ピオニー×ネフリー】

呼べない名【ピオニー×ネフリー】

「嫌だ。どうしてだネフリー」

離すものか。
離すなんてことできるか。
ピオニーは折れそうな彼女を強く抱きしめた。
離してしまったら、文字通り手が届かなくなる。

「行くなよ。他の男のところになんて行くんじゃない」
「無理です。 貴方もわかっているでしょう?」

彼女の言葉は冷たかった。
しかし、彼女の声音は震えていた。

「嫌だ。行くなよ。俺の傍に居て欲しい」

どうして離れなければならないのだろう。
彼女の傍から。こんなに愛している彼女から。
頭のどこかではわかっていた。
自分はこの国を治める王で、彼女はただの一般市民に過ぎないのだということ。
身分が、違いすぎる。
そしてネフリーは別の男と結婚を決めた。
その彼女の決断は、ピオニーにとっては早すぎるものだった。
彼女を、ネフリーをまだ忘れることができないのに。
まだ愛しているというのに。

「陛下。…もうやめてください…」
「……呼んでくれ、俺の名前を」

ネフリーは彼の腕の中で首を振る。
もう呼ぶことはできませんと、小さく聞こえた。
震える彼女の顎に手を添え、口づけた。
カシャリと、彼女のメガネが音を立てる。

「ふっ…う…ん…っ」

角度を変えて、むさぼるように。
いつしか頬に涙が触れた。
それはどちらのものかもわからない。
床に彼女を押し倒し、ついばむように何度も何度もキスをして。

虚しさだけが心を占める。
明日からはきっとこんな風に逢うことはない。
もう一度ピオニーはきつく彼女を抱きしめた。

「愛してた。本当に愛していたんだネフリー」

外降る雨は、窓を激しく叩きつけて。

next
back

return to page top