home > text > > Memory Card【蛭魔妖一×姉崎まもり】

Memory Card【蛭魔妖一×姉崎まもり】

chapter1. リセット

人生のリセット。

んなことができりゃ、苦労はしねえ。
過ぎたことなんかどうでもいいが、確かに今までひっかかるもんはいくらでもあ った。
だが、選んだ道は進む。
引き返さねえ。
引き返したくもねえ。

んな暇はねえんだ、俺には。

「てめえどっから来た」

学校の、しかも高校の屋上になんでこんなにちいせぇガキが居る。
身につけているのは泥門の制服で、サイズなんか当然合わねえから、スカートに 至っては床のコンクリートに広がるように接触している。

こいつの茶色がかった髪に、透き通るような青い瞳。

似てやがる。
あの女に。

泣きじゃくるそいつは、小さな手で自分の目をこすり、微かな鳴き声をあげなが ら俺をみた。

「…っ…お兄っ…ちゃん…誰…?」

俺はこいつに興味がわいた。
興味がわいた、と言うよりはこいつの側にいなけりゃなんねえと、直感したわけ だ。
こいつの声は……多少ガキ臭くなってやがるが。

まぎれもなくこいつは、

『姉崎まもり』。

「お前、名前は」

「…まも…り…っ」

ほら見ろ。
何してやがんだ、この女。
何がどうなってこうなった。
…変なことに巻き込まれたな。
んなことなら、サボらず授業出ておくんだった。
…いや、ほかの奴に見つかっても面倒だ。

「……しょうがねえ」

晴れ上がった空。
アメフトの練習にはもってこいだ。
いいか、俺には時間がねえんだ。
わかってるだろ、糞マネ。
だがな。
てめえがいつまでもそんな状態でいてもらっても困んだ。

俺はしゃがみ、姉崎の視線に合わせる。

「俺の家に来い」

数秒、姉崎がきょとんとした顔で俺を見る。

「来い」

俺は、小さくなった姉崎の身体を抱き上げた。
スカートだけがパサリと完全に落ちる。
あまりの軽さに驚いた。

「やっ…知らない人についてっちゃいけないって…お母さんが…」

……まじめくさったとこは小さくなっても同じじゃねえか。

「……蛭魔妖一だ。これでもう知らないなんて言わせねえぞ」

俺は片手で姉崎を抱き、スカートと靴を拾った。

「…うん!お兄ちゃんっ」

……結局それかよ。

姉崎は、満面の笑みを浮かべた。

chapter2. 代償

「これ着とけ」

「わー、真っ赤っ」

だぼついた制服じゃ目立つ。
同じ目立つならユニフォームの方がまだマシだ。

途中で部室に寄り、姉崎にロッカーにあった俺のユニフォームを投げてやる。
なんとなく着替えの様子を見てみる。
ぎこちない手でリボンをほどき、ブラウスのボタンをはずそうと試みている。
そんなことに奮闘するこいつがどうしようもなく可愛い、と同時にイライラする。

「貸せ」

姉崎の手をどかし、ボタンをはずす。
いとも簡単にボタンははずれた。
面倒だったので下着ごと脱がせてしまった。

つい、まじまじと身体を見てしまう。
コレがあんな風になるのか、と意外にも冷静に受け止めた。
そして、アレがどうなってこうなるんだとも思った。

どうしてこいつはこんな風になったのか。
改めて考えてもわからねえ。
ジャージを上からかぶせてやると、姉崎は自分で手を出し、着心地を確認する。
俺は姉崎の服を適当にたたみ、鞄にしまおうとしてそうかと気がつく。

授業終了の鐘が鳴る。
俺は携帯を取り出し、発信履歴を開いた。
そして電話する。

『もしもし、ヒル魔~。また授業さぼったでし…』
「糞デブ、糞マネの鞄持ってこい」

糞デブの言葉を遮り、俺は口早にしゃべった。

『えぇ~っ!何、どういう…』
「どうでもいいから持ってこい。あいつの教室入ってぶんどってくりゃすむこっ たろ」
『そんなこと出来ないよ~』
「許可はとってあるから、さっさと持ってこい!」

一方的に携帯を切り、ポケットにしまう。
俺の声に驚いたのか、じっとこちらを見る姉崎。

「これから糞デブが来るから何があっても一切しゃべんなよ」

こくりと姉崎は頷き、そして口を開く。

「………。ふぁっきんってなに?」
「……あー……それを説明すんのか。面倒くせえな…」

俺は頭を掻き、目線を再び姉崎に合わせる。

「『糞』っつーのはな、く…」
「ヒル魔ぁ~!姉崎さんの鞄持ってきたよ~」
「………。……遅えぞ、糞デブ」

部室の扉が大きな音を立てて開き、でかい身体が顔を覗かせる。

「遅くないよ~。すぐだったじゃない」

俺は姉崎の鞄を糞デブの手からひったくった。
糞デブの目線が姉崎にいく。

「……この子…誰?」
「隠し子」

俺は即答し、反論しそうな姉崎の口を塞いだ。

「でも……なんか、姉崎さんに似てない?」
「だから、俺と糞マネの隠し子」
「えぇ~~~~っ!!!」

おー、こりゃ完全にだませたな。
どう考えてもありえねえことだと思うが。

「じ、じゃじゃあ、姉崎さんはどこ…?」
「二人目の子供が出来たかどうか検査」
「ええええぇぇーーっ!!!!!!」

俺に苦労かけんだ。
これくらいの仕打ちは受けてもらうぞ、姉崎。
元に戻ったら存分に困りやがれ。

「ヒヒヒヒル魔、だだだ大丈夫なの?!姉崎さんもだけど学校とかお家とか」
「だから、『隠し子』なんだよ。わかったか」
「うっ、うん…」

俺は糞デブに気づかれないように、姉崎の制服を鞄に押し込んだ。
相変わらず、甘臭えにおいのする鞄だ。

「つーわけで、俺らは産婦人科に行かなきゃなんねぇから部活休むぞ」
「わかった…」

俺は片手で鞄を二つ背負い、もう片方は姉崎の口に当てたまま抱えて部室を出る。
心配そうな顔をして送り出す糞デブを背に、俺は校門を抜けたところで姉崎の口から手を離した。

「くっ苦しいよ、お兄ちゃんっ」
「てめえがなんか言いそうになるからだろうが」

小さくなっても変わらねぇ騒々しさに、俺は内心呆れていた。

chapter3. 消えたモノと残ったモノ

家の扉を開け、姉崎を下ろしてやる。
姉崎は新鮮なものをみたようにきょろきょろ見ながら進んでいく。

実際、何度も来てるだろうが。

「…どした」

ベッドの前で姉崎はぴたりと止まり、よじ登ろうと四苦八苦している。
手を貸してやると嬉しそうにベッドの上を飛び跳ねた。

「お兄ちゃんのベッド広いねー」
「おー…ぐちゃぐちゃにすんなよ」

俺は鞄をおろし、肩を回した。
…さぁ、本題に入らなきゃな。
俺はベッドに座ると、姉崎は跳ねるのを止め、俺の隣に座る。

「何であそこで泣いてた?」
「あそこ?……お兄ちゃんに会ったとこ?」
「おー」

姉崎は少し考え、俺の指を小さな手で握った。

「…わかんない。きづいたらあそこに居たの」

…ダメだ。
埒があかねぇ。
こいつが俺のことを知らねえところを見ると、ただ単に身体が小さくなったんじ ゃねぇ。
記憶がねぇんだ。
―――――記憶。

「…セナを知ってるか?」

姉崎の瞳が大きくなった。

「お兄ちゃん、セナを知ってるの?」
「おー。よーく知ってるぞ」

………元に戻ったお前でも知らないこともな。

つまり、だ。
こいつは記憶ごと小せえ時に戻った。
糞チビに出会ったくらいの歳。
これから先、何が起こるかわからねえゼロに戻ったんだ。

「ねっ、セナ元気?いじめられたりとかしてない?」

糞チビの名前を出した途端、姉崎は頬を高揚させ嬉しそうに話してきた。

「…元気だ。いじめられてはいないだろ。多少蹴りを入れられることはあっても な」

なんだかおもしろくねえ。
糞チビのこと意気揚々と話しやがって。
俺のことなんざ少しも覚えちゃいねえのに。
…今のこいつのなかじゃ、俺はただの。

「セナが好きか?」
「うん、好きっ」

心底嬉しそうな顔をする。
今、それが憎らしい。

「…俺は?」
「お兄…ちゃん…?」

先ほどと違い、困惑した顔。
そりゃそうだとわかりきってるはずだ。
だが、俺は俺自身を止められなかった。

「やっ…お兄っ」

言い終わるより早く、俺は姉崎に口づけていた。
強ばる唇に、強引に舌を入れる。
いつもとは違う。
こいつは、俺の知らない『姉崎』だ。
唇を離すと姉崎は大きく息を吸い込んだ。
目には涙が溜まっている。
脅える青い瞳。

…どうしようもねえ。
俺は今、こいつとはただの他人だと再確認させられる。

俺は立ち上がった。

「飯作ってやるから待ってろ」

ドアを閉め、ずるずると座り込んだ。

不覚だ。
とてつもなく、胸が苦しい。

chapter4. 見つけ出した答え

冷蔵庫の明かりは暗かったキッチンを照らす。
卵を数個取り出し、バタンと閉めた。

静かだ。

意味もなく蛇口をひねる。
水に手を浸した。
水道水の音が頭のなかに木霊する。
思い出すのは、あいつの顔だけ。

俺はボールに卵を割って入れた。

「…ま…く…」

後ろから声が聞こえる。

「待ってろっつったろ」

俺は振り向く。
あいつの顔へと目線を持っていったが。
けれど視界に入ったのは女の脚。

「姉…崎…」

ふらつく体を壁で支え、『姉崎』は確かに立っていた。
泥門デビルバッツの赤いユニフォーム。
浮かび上がった女の身体。

「ヒル…魔く…」

先ほどのように青い瞳に涙を溜めて。

俺は自分でも気づかないうちに姉崎を抱きしめていた。

「ふざけんな、てめえ」
「うん…ごめ…」
「謝ってすむかよ! いきなり小さくなりやがって、どうやったらガキにもどんだ よ」
「…わかんないけど…でも…」

姉崎の手が弱々しく俺の背中に触れる。

「答えが…見えた気がするの」

自分のなかのヒル魔の存在。

ヒル魔のなかの自分の存在。

ずっと、自分だけが想いを募らせていると思っていた。
自分だけが本気で愛していると思っていた。

怖かった。

いつか突き放されてしまいそうで怖かった。

お前なんかいらないと言われてしまいそうで怖かった。

でも。

貴方は自分を助けてくれた。
すぐに『姉崎まもり』だと気づいて。

そして……

「……セナに…嫉妬した?」

姉崎はか細い声で呟いた。
俺は、姉崎の頭を自分の肩へと押しつける。

「……うるせー……」

その通りだ、バカ。

こいつのにやけた顔を見て、初めて俺も笑った。

『答え』…か。
俺にも何か、見えたような気がする。

「もうあんなことになんじゃねえぞ」
「うん」

俺はお前を欲している。
自分じゃどうしようもねえほど。

知らねえ間に、こんなにも。

「俺はもう、こんな思いはしたくねえ」

もう、二度と押すな。

人生のリセットボタンを。

extra. 翌日のデビルバッツ

ヒル魔は大きなあくびをした。

昨日起きた不思議な出来事。
信じがたい出来事ではあったが、結果的に今のヒル魔とまもりにとってお互いを再確認する重要な出来事だった。
その姉崎まもりも今、ヒル魔の隣を歩いている。
泥門高校へと通う道、二人で通るようになったことも、思えば珍しいことでは無くなったかも知れない。

どうして、自分は不安に思ったりしたんだろう。

今になって思えば、そう思う必要は無かった気がする。
まもりは、ポケットに入れられたヒル魔の手をじっと見つめる。
ヒル魔はそれに気づいたのか、ポケットから出した手をまもりに差し出した。
触れたヒル魔の手。
ひんやりした感覚にまもりはドキドキした。

「おはよー」

部室の扉を開けると、中にいた全員の視線がこちらに集中した。
顔面蒼白のモン太が痛々しい。

「え…どうしたの? みんな」

普通ではない雰囲気にまもりは頭にハテナマークを浮かべる。
ヒル魔はニヤニヤと笑った。

おろおろする栗田の横にいたセナが、おそるおそる切り出した。

「ま、まもり姉ちゃん…その…赤ちゃんどうだった…?」
「う…ウソですよね…まもりさん…」
「!!」

まもりは昨日の部室でヒル魔がついた嘘を思い出した。
みるみる顔が赤くなる。

「あああ赤ちゃんなんて、でっ出来るわけないでしょ! ちょ…ちょっとヒル魔くん!」

ヒル魔は笑いながら部室の奥へと入っていく。

「笑ってないでなんとかしてよっ!」

泥門高校一広い部室に、まもりの声が響いた。

next
back

return to page top