home > text > > ヒビの入ったガラス【蛭魔妖一×姉崎まもり】

ヒビの入ったガラス【蛭魔妖一×姉崎まもり】

chapter.1 それは、とても脆く。

「黙ってんじゃねぇ!」

ヒル魔は右腕を壁に叩き付けた。
横の棚の上から、雑然と置かれていたデータファイルが音をたてて落ちた。
ヒル魔と壁に挟まれ、肩を震わせるまもりはヒル魔と視線を合わせないよう、下 を向いている。

「なんで何も言わねえ?!どうしてそうやって震えんだ」

口をつくのは疑問ばかりだ。
わからないことが多すぎる。

「どうして俺を見ない?!」

つい昨日まで、手を伸ばせば届く距離に居たのに。

「ごめん…なさい」

体と体は近くても。
モヤがかかったように、お前を掴みとることが出来ない。

「まも姐ちゃんはどうした」

残暑だというのにギラギラと照りつく空の下、日本酒をあおりながら溝六はヒル 魔に話しかけた。
いつだって時間より早くきてマネージャーの仕事をこなすまもりだけに、顔も見 せないとなれば誰であっても心配をするというものだ。

「俺が知るかよ」

ヒル魔は乱暴に言い捨てた。

『ごめん…なさい』

脳裏に先程の出来事がよぎる。

わけわかんねえ。

ため息をつきそうになり、思わず口を閉じた。

「…あの糞糞マネ」

ポツリと呟くと、ヒル魔はセナとモン太のほうへ向かって いく。
今度は溝六がため息をつく。

「…相当きてんな、ありゃ」

普段と何も変わらないはずの彼特有の雰囲気から、溝六はわずかな違和感を感じ た。

「俺が口を挟める話じゃねぇ、か」

もう一度酒を口に流し込む。
溝六はポリポリと頭をかき、ラインのほうへ目を移した。

一度は収まったはずの震えが、また襲ってくる。
あれからずっとこんな調子だ。

「…もう…なんで思い出すの…?」

まもりはベッドの上で体を小さく丸め、自身を抱きしめていた。

『お。いい腰…いや、泥門のマネージャーだよね、君。いやー久しぶり』

風に揺れていたドレッドの髪。
愛想良く緩んだ口元。

『怖い顔したキャプテンは居ないわけね』

逃げれば良かった。
嫌な予感は少なからずしていたのに。
止まらない震え。
消えない恐怖。

『ずっと気になってたんだよね、君のこと。……今日は邪魔者も居ないし逃がさ ねえから、な』

顔は笑ってたのに、目は笑っていなかった。
抵抗する間もなく奪われた手の自由。
ギリギリと手首が彼の両手に締め付けられた。
次に待っていたのは強引で乱暴なくちづけと、

『ちょっと手荒だけど我慢してくれよな』

無理矢理に犯された身体。

頬を涙が伝う。
あれから、『男』が恐くなった。
セナやモン太は大丈夫だ。
十文字や、黒木、戸叶、佐竹、山岡。
栗田でさえも近づくことが出来ない。
一番近づけないのは、

「ヒル魔…くん…」

彼に感じるのは恐さばかりではない。
罪悪感。

『なんで何も言わねえ?!どうしてそうやって震えんだ』

まもりは膝を抱えた。

『どうして俺を見ねえ?!』

途切れることなく涙が流れる。

「ヒル…魔く…」

本当は気づいて欲しいのかもしれない。
察して欲しいのかもしれない。
自分の口からは言えない、このことを。
大切な貴方に。

いっそ嫌いなら、嫌いと言ってくれればいい。
ヒル魔はそう、思った。
何も言ってくれないのは、ただイライラが募るだけだ。
ずっと目を合わそうとせず、喋ろうともしない。
今までそんなことなど一度もなかった。

「あんの糞糞糞マネッ」

力任せに椅子を蹴りあげた。
大きな音をたて、床を滑る。
蹴ったほうの足にジンジンという一時的な痛みが走った。

「お。荒れてんな」

部室のドアが開き、無精髭の男が顔を出す。
ムサシだ。

「何しに来やがった糞ジジイッ」
「あー、んながなるな。栗田にな、お前がおかしいって言われて見に来たんだよ 」

ムサシはヒル魔が倒した椅子を元のように立たせると、それに座った。

「…おかしいのはお前だけじゃねぇみてえだがな」

ムサシの言葉にヒル魔の体がピクリと動いた。

「昼間、姉崎に会った」
「…それがどうした」

ヒル魔はじっとムサシを見つめる。

「俺を見たら怯えるように走っていった。あの姉崎が何も言わずにそんなことす るか?」

ムサシの言葉にヒル魔は顔を険しくした。

「てめえだけじゃねえ。糞三兄弟や糞デブたちまで避けやがる。…俺もだが」
「やっぱりお前を変にするのは姉崎ぐらいだなぁ」
「…どういう意味だ」

ムサシは笑い、カウンターを見る。

「お前じゃねえが、姉崎に避けられるのはなんか、良い気しねぇな」
「…好きになったら承知しねぇぞ」
「お前がさせちゃくれねえだろ」

「ッ!!」

ヒル魔は大きく目を見開いた。
額から汗が流れる。
全身の体温が一気に引いた感じを覚えた。

「おい、ヒル魔…」
「…いつもてめえのサインはわかりにくいんだあの糞マネッ!」

ヒル魔は荷物を持つと、部室の扉を乱暴に開ける。

「お、おいっ」
「鍵かけとけ、糞ジジィッ!」

そう言うとヒル魔は走り出す。

「…なんかわかったのか…?」

ムサシは頬をかき、ヒル魔の背中をしばらく見ていた。

「『ごめんなさい』だけでわかるわけねぇだろうがっ」

ヒル魔は走りながら携帯を取り出した。

今から行く。窓開けとけ

それだけ打つと送信ボタンを押す。
送信完了の文字を確認するとポケットに入れた。

どうすりゃいい。

頭のなかにそればかりが浮かぶ。
信頼を感じていた身近な男たちでさえ、恐怖を感じている状態だというのに。
行ったところでなにをすればいい。
どんな言葉をかけてやりゃいい。

「甘ったるい言葉なんざ知らねえぞ」

chapter.2 破片をかき集め。

静かな部屋に響く着信音。
机の上で震える携帯電話。
見れば、『蛭魔妖一』の名前を表示している。
震える手をもう片方で抑えながら、メールを開く。
一方的な言葉。
それはメールでも変わらない。
涙が液晶画面を濡らした。
逢いたい気持ちと逢いたくない気持ちが交差する。
頭の中で、ドレッドの髪が揺れた。

「……ッ」

ジワリと額に汗が浮かぶ。

ガタンッッ

その大きな音にまもりの涙はあっけなく止まった。
驚いて音のし たほうを見ると、ベランダで青筋をたててるヒル魔。
まもりは思わずカーテンを閉めた。
すぐ手の中で光る携帯。
差出人は、窓の外の人。

『さっさと開けねえと叩き割るぞこの糞糞糞糞マネ!!!』

メールで悪態をつくところを見れば、彼も彼なりに夜中の住宅街への迷惑を考え たようだ。
窓は相変わらずガタガタと音をたてている。
このまま帰るなんてことは、あの蛭魔妖一に有り得ることではない。
まもりはカーテンと窓の鍵を開けた。
風が部屋のなかを流れる。

「てめえのわかりにくいサインはもうまっぴらだ。わかりやすいのを西部戦の前 に考えなきゃならねえな」
「なに、言って…」

ヒル魔の手がまもりの頬に触れた。
まもりはビクリと肩を震わせ、後ろに下がった。
ヒル魔は親指でまもりの涙の跡を拭った。

「…誰に抱かれた」

まもりの目が見開かれた。
顔に恐怖の色が浮かぶ。
ヒル魔はじっとまもりを見つめた。 まもりはまた一歩、後ろに下がる。

「…ど…して…?」

ヒル魔の言葉は、まもりを追い詰めているようにも取れた。
まもりの目からは、また涙が流れようとしている。

ヒル魔の手が、まもりから離れた。
そしてその手がまもりの腕を掴み、自分へと彼女を引き寄せた。

「や…っ」

反射的にまもりは体をよじる。
それでもヒル魔は離さない。

「無理矢理されたことくらい、てめえの様子でわかる」

ヒル魔はきつくまもりを抱きしめた。
小さな肩が震えるのを感じる。

「恐かったろ。……気づかなくて……悪かった」

ヒル魔の白いワイシャツに、まもりの涙のしみが広がっていく。

「ヒル魔くん、ごめんね。…ごめ…」

まもりの鳴咽を聞き、ヒル魔は彼女の背中をゆっくりと撫でた。
そして、彼女の唇にそっとくちづけた。

「誰だ、相手は」

唇を離し、ヒル魔はもう一度尋ねた。

「…それは……」

少し考えるまもり。

「……やっぱりやめとく……」
「あぁ?」

まもりの言葉に再び青筋をたてるヒル魔。

「なんで言えねえんだ、んな重要なこと」
「重要だから言えないのよ。教えたらヒル魔くんどうするかわかんないし」
「んなもんわかるだろうが。相手を見つけてブッこ…」
「だーかーらダメなの!絶対そんなことさせませんっ!」

言ったあとでまもりは口を押さえた。
この時間に、男を部屋に入れていると両親に知られたら大問題だ。
突然、ヒル魔がケケケッと笑った。

「やーっと、調子戻ったな糞マネ」
「え?」

まもりはやっと、ヒル魔に恐怖を感じていないことに気づく。

「てめえがギャンギャン騒いでくれねえと、こっちの調子も狂うんだよ」
「ちょ…それってどういう…」
ヒル魔はまもりに背を向けた。

「余計な心配、しちまったろーが」
「ヒル魔くん…」

ヒル魔は自分の鞄を拾うと開いたままの窓に向かう。

「帰っちゃうの?」
「あれだけ騒げりゃ大丈夫だろ。明日はちゃんと部活…」

まもりはヒル魔の腕を掴んだ。

「帰っちゃ…だめ」

ヒル魔は驚いて振り向いた。
消え入りそうな声だ。

「一緒に居て。お願い…」

まもりの目は真剣で。

「…しょうがねえな」

ヒル魔は窓を閉めた。
まもりにまたキスをする。
今度は長く…深く。

「…本当に相手を教えない気か」
「ヒル魔くん、すぐ変なことするから」

(…まぁ調べあげりゃ簡単に見つかるな。問題はソイツをどうするかだ)

そんなことを胸に秘め、ヒル魔は再びまもりにくちづける。

後日、ヒル魔の復讐が始まる。

next
back

return to page top