home > text > > ポッキー【蛭魔妖一×姉崎まもり】

ポッキー【蛭魔妖一×姉崎まもり】

「…なんだそれ」

ひどく不機嫌そうにヒル魔が言った。

「ポッキー」

満面の笑顔で、それをヒル魔の目の前につきつけるまもり。

「甘いもんを俺の前で喰うな」

ヒル魔は首をふいっと横にやった。

「いいじゃない。食べたいんだもの」

椅子に座り、まもりはポッキーをポリポリと食べた。
テーブル越しの向かいでは、ヒル魔がパソコンを開き、何やら打ち込んでいる。

まもりは袋を開けたばかりのその束を、じっと見つめた。

「……ねぇ、ヒル魔くん」

袋を見つめたまま、まもりはヒル魔を呼んだ。

「あ?」

ヒル魔の目は、パソコンの液晶から離れない。

「ポッキーの」
「やらねえ」

実にテンポよく、ヒル魔が答えた。
まもりは顔をしかめる。

「なによ。何も言ってないじゃないっ」
「先がよめた」

液晶から目を離さずにヒル魔は言った。

「違うかもしれないでしょ」
「んじゃ当ててやる。ポッキーの両端をお互いくわえて、同時に喰ってみたいとかだろ」
「………ダメ?」

上目遣いでヒル魔を見上げる。

「甘いもんは喰わねえ」

ヒル魔はぴしゃりと言い捨てた。
まもりは肩を落とし、また一本、袋から取り出した。

「どうしてもやりてえんだったら」
「え?」

ヒル魔はまもりのポッキーを奪う。

「ちょ…っ」
「俺はここくわえて待ってやる」

ドキッとまもりの胸が高鳴った。
ヒル魔の持っているのはチョコレートの無い部分。

まもりはヒル魔の『待ってやる』という言葉に疑問を抱いた。

「待つ…………って、まさか…!」
「俺は甘えもん喰うのは嫌だからな」

まもりの顔が真っ赤に染まる。

「やるか、やらねえのか」
「や…やりますっ」

まもりはテーブルの向こう、ヒル魔のところまで歩く。
ヒル魔は立ち上がり、傍らのゴミ箱に、口に含んでいたガムを吐き捨てた。
彼は笑みを浮かべ、ポッキーをくわえる。

自分でもわかる、心臓の音。
まるで壊れてしまったのかのように、激しく脈打っている。
背伸びをし、彼の身長に合わせる。

緊張に震える唇で、ポッキーを捉えた。
口の中に広がる、チョコレートの味。
それは彼の嫌いな、まもりの好きな、甘い味。

ゆっくりと、唇は進む。
ヒル魔と目が合う。
彼は楽しそうにまもりを見ながら、待っている。

体温がますます上がる。
鼓動に押しつぶされそうになる。

まもりの唇がヒル魔の唇に触れた。

ヒル魔の腕が、まもりの体を抱きしめた。

冷たい、と感じたのはヒル魔の舌。
すっとするハッカが、甘いチョコレートで満たされたまもりに口の中に広がる。

「…………甘っ」
「ごめん」

二人は唇を離した。

「ごめんって言いながら、笑ってんな。バカ」
「しょうがないじゃない。嬉しいんだもん」

まもりは、ヒル魔の首に腕をまわす。

「あーそうか、そうか。そりゃ、良かったな。……胸やけする」
「コーヒー入れてあげるから。許して、ね」

心地よい香りを残して、まもりがヒル魔から離れる。

「口移しで、てめえがコーヒーのブラック飲めたら許してやる」

ヒル魔は笑い、彼女の後を追った。

next
back

return to page top