home > text > > プロポーズは30分【蛭魔妖一×姉崎まもり】

プロポーズは30分【蛭魔妖一×姉崎まもり】

『30分待て』

思えば、これがプロポーズだったのかもしれない。
卒業式のあと、強引に部室に連れて行かれて。
自分で引っ張ってきたくせに、貴方は待て、とかわからないことを言う。
それも30分なんて。

『あのねぇ。私だって友達と写真撮ったりしたいんです! それにチームの皆と も』
『んなもん、後ですりゃいいだろ』

一方的に言い放ち、いつか無理矢理校長先生に作らせたシャワー室に入っていく 。

…なんで私が、貴方のシャワーに付き合わなきゃいけないのかしら。

椅子に座り、机に突っ伏し。
私は、先程チームの皆から貰った花束を見つめた。
手に持った花束はふたつ。
ひとつは私ので、もうひとつはヒル魔くんのだ。
ううん、今はもう私のもの。

『てめえにやる』

渡されてすぐ、貴方は私に花束をつきだした。
ちゃんと皆の気持ちを受取りなさいよ、と言っても聞かない。

『まも姉、いいよ。実は花束にするの、皆でさんざん悩んだんだ』

誰も妖一兄が花持ってるところ想像出来ないから、と鈴音ちゃんは笑った。
そういえば皆、ほっとした顔してたっけ。

そんなことをぼんやり考えて、目を閉じる。
耳に入ってくるのは、外から微かに聞こえる人の声とシャワーの音。
涙なんて、乾いてしまった。
貴方と居るといつもそう。
貴方のことばかり考えて、どうしようもないの。

『あのなあ、待てとは言ったが寝ろとは言ってねえぞ』

いつのまにか、出てきた貴方が私の頭をガシリと掴む。

『寝てないわよ、ま…だ…』

貴方の顔を見たはずなのに、変な違和感。
寝る気だったんだろ糞マネ!、と喋る口調はいつもと同じなのに。

『髪…どうして…』

水に濡れたその髪は、重力に忠実で。
あれほどツンツンしていたのに。

…ううん、そんなことじゃない。
貴方が、するわけないと思ってるけとするからパニックになるのよ。

『てめえの両親に会いに行く』

そう言った貴方の髪は、真っ黒、だった。

目の前が一瞬で涙で霞む。
変ね、止まったばかりなのに。

『どう…し…っ』

卒業式の前だって、あんなに嫌がっていたじゃない。
式くらいちゃんとしてよって、どんなに言っても聞いてなんかくれなかったじゃ ない。

『俺だけで行っちまうぞ、ナキムシ』
『や…っ、そんなの絶対…ダメ…!』

悪魔と呼ばれた蛭魔妖一とは信じられないほど優しく、私の頬を撫でて親指で目 に溜った涙を拭いた。

唇が、近づく。

「なーに笑ってんだ、糞女」

振り向けば、湯気の上がったコーヒーカップをふたつ持ったヒル魔くんが居た。

「ううん、なんでも。ただの思い出し笑い」

私はコーヒーを受け取り、ヒル魔くんは私の座っているソファーに座った。
足元にはケルベロスが気持良さそうに眠っている。

「思い出し笑いするやつは、エロいんだよなー、確か」
「…そうなのはヒル魔くんでしょ」

ひとくち、コーヒーを飲んだ。
甘い。
昔は私のほうが煎れていたのに。

「てめえも『ヒル魔』、なんだがな」
「……あっ」

貴方は笑ってカップを持っていない手で私の肩を抱いた。
暖かくて、とても心地よい。

「いつになったら慣れてくれるんデスカネエ。まもりサン」
「うぅ…ごめんなさい。よ、よう…いち」

ニヤニヤしながら、貴方は私を見る。
たどたどしく名前を発した唇を、貴方の唇が塞ぐ。

あぁ、私はどうしようもなく、幸せ。

next
back

return to page top