home > text > > プレゼント【蛭魔妖一×姉崎まもり】

プレゼント【蛭魔妖一×姉崎まもり】

「誕生日だな、今日」

突然、ヒル魔が言った。
まもりは驚いて彼を見た。
まじまじと見つめる。

「あ? 何ガンつけてんだ」
「なっ! 別にガンつけてなんか」

まもりは少し赤くなって、また元のように机の上の資料に目をやった。
既に彼の特等席となったその席で、ヒル魔はまもりを見ながらガムを膨らませる 。

「風紀委員がカヨワイ男子生徒をガン見」
「だ・れ・がカヨワイのよ、誰が!」

言って、ため息をつく。

「それに『風紀委員が』なんて、いつまでも部外者のように言わないで」

先ほどと同じ調子で言われたはずの言葉に、ヒル魔は違和感を覚えた。
ほんの少し、まもりの声がうわずったのを感じた。
微かに、ヒル魔の口元が緩む。

「………なら」

ヒル魔はまもりの隣に行き、彼女の顎を軽く持ち上げた。
驚く『風紀委員』の唇に、自分のそれを重ねた。
まもりの手からシャーペンが音をたてて溢れる。

「俺のオンナになれ」

吐息が頬に触れ、どうしようもないほどその場所が熱をおびる。
何か言おうと開いた口は、そのまま言葉を出すことができなかった。

「良いことあったな、誕生日」
「なっ、まさかっ」

やっと声が出た、顔を真っ赤にさせたまもりを見、ヒル魔は酷く得意気に笑った 。

「てめえのことなんざお見通しなんだよ」

さっき出かかったてめえの感情は、デビルバッツのことだけじゃねえ。

「今のが誕生日プレゼント、だ。有難く受け取りやがれ」

next
back

return to page top