home > text > > モラトリアム【蛭魔妖一×姉崎まもり】

モラトリアム【蛭魔妖一×姉崎まもり】

「ヒッ、ヒル魔くん! こ、こんなところでっ」
「……ちったぁ黙ってろ、糞マネ。舌噛むぞ」
「や、やだっ、もうっ」

まもりは、無駄な抵抗だと思いながらも、ヒル魔に抑えつけられている体をよじった。
案の定、動く気配などない。

「……っ……!」

くちゅっ、と音がした。
ヒル魔の舌が、自分のそれに絡めた音だ。
絶品の料理の味を確かめるかのように、ゆっくりと。

「……ふっ……んん……っ」

……何度か。
何度か、同じようなキスを彼としたものの、まもりは未だにどう対応して良いのかわかっていない。
なにかしなければならない、とは思うものの、結局はヒル魔の舌の動きに翻弄されてしまう。
これほど強引にされているのに、どうしてか心地良く感じてしまう。

そうだった。
ここは、部室だ。
ヒル魔の命令で、他の部員たちは練習終わりの校庭整備をしている。
けれど、それはいつ終わってもおかしくはない。

(こんなところ、みんなに見られたら……!)

恥ずかしくて、顔を出せないかもしれない。
そう思うのに、この時間が続いてほしいと考える自分もいる。

「……見せるわけねぇだろ」
「え……?」

唇をそっと離して、ヒル魔が言った。

「お前のこんな顔、他の糞バカ供に見せるわけねぇだろ」
「ヒル……魔く……って、きゃっ!?」

次の瞬間、強い力で離されて、まもりはよろけそうになった。
傍らのテーブルにつかまり、なんとか立て直す。

「もう、2・3分で戻ってきやがるぞ。テメエはいつもどおり、そこら辺をオソウジでもしてろ」

そう言うヒル魔は、それまで着ていたユニフォームを脱ぎ始めた。

「なっ、なっなっ」

汗が伝う背中。
綺麗に整った筋肉が光っている。
ヒル魔はゆっくりと振り返り。

「ゴチソウサマ」

ニヤリと笑ってそのまま、更衣室へと消えた。

「~~~~っ!!」

まもりは、顔中が、いや身体中が熱くなるのを感じた。

(なんだっていうのよ……、もうっ!)

先ほどまで重なっていた唇に触れる。
それはしっとりと濡れていて。

(……どうして、こういうことするの? ヒル魔くん)

騒がしくなり始めた外の様子に、まもりは身なりを整えた。

next
back

return to page top