home > text > > らくだ色恋すてふ【夕神迅×希月心音】

らくだ色恋すてふ【夕神迅×希月心音】

……俺ァ今、激しく後悔していた。

ここンところ仕事が続いていやがったこと。

昨夜、馴染みの饅頭で一杯引っ掛けたこと。

翌日その後片付けもせずに出勤したこと。

そして、ココネに家の合鍵を渡していたことを、だ。

「オイ……いい加減起きやがれ、ココネ」

「むーー……ふゃい……むにゃ……」

帰宅した家の惨状に、俺は大きなため息をついた。

姉貴の居ない一人には広すぎる我が家の一室、座卓の近くで眠りこけていやがる女が一人。

――希月心音。

敬愛する師匠の愛娘であり、俺の命よりも大切な女だ。

彼女の傍に転がっているのは、饅頭の包み紙の数々。

只の饅頭なら良かったが……これはらくだまんじゅう、つまりは<<水カステラ>>入りの饅頭ってェわけだ。

饅頭自体は未成年でも食べられはする。しかし。

「……勝手に家に上がり込んで、一体いくつその腹ン中に押し込ンだんだァ?」

「むにゅう……」

……酒臭ェ。

思わず無粋な表現が胸に浮かんだ。

いつかの事件で旋風亭美風がたった一つで酔っ払ったように、今のココネも大量の饅頭を食べた挙句、酩酊したってェとこだろう。

傍らにあった同じ店の酒瓶は、流石に手を付けられていないようだ。

しゃがんで彼女の寝顔を見る。

安心しきった、幸せそうな表情。

赤みを帯びた火照った頬に、力なく緩んだつややかな唇。

仕事着の黄色いスーツはそのままに、短ェスカートがややたくし上げられていて、少し動けばあられもない姿になりそうだ。

「おめえさん、他の男の前でもこんなツラを晒してンじゃねェだろうなァ?」

「んー……」

柔らかなその頬に触れると、冷たかった手にジンワリと温もりが広がってくる。

だが、温もりの主にとっては堪らなかったようで、彼女は数度顔をしかめると閉じていた瞼をゆっくりと開いた。

「ゆう……がみ、さん……?」

「おゥ、やっと目が覚めたかい。こんなとこでンなカッコで寝てりゃァ、風邪ひっ……ウオオオッ!?」

ココネの想定外の行動に俺ァ、思わずその場に尻もちをつき、畳にしこたま頭をぶつけていた。

コイツ相手に不覚を取るたァ、俺も落ちたモンだ。

「ふふふっ、夕神さぁん……」

「……おめえさん、さてはまだ酔いが冷めちゃいねェなァ?」

目の座ったトロッとした顔でココネが俺を見下ろしていた。

ココネは俺の問いを満面の笑みで返す。……と。

「んッ……!」

「ッ……!?」

唇に押し付けられたのは、ココネのそれだった。

不意を突かれた俺の中に彼女の舌が割って入る。

あまりに強引で、あまりに自分本位なココネが俺の舌に絡みつく。

「んふっ、んんッ、はぁ……んッ」

相手に息を吸わせるタイミングや相手の心境などお構いなしのやりたい放題だ。

「ッ、チイィ……ッ!」

彼女の両肩を掴んで無理矢理自分から引き剥がす。

透明な糸が俺とココネの唇から伸びて、途中で弾けた。

驚いたココネの顔がすぐにまたふやけたかと思うと、次には首に腕を絡めて抱きつきやがる。

……コイツ、まだ凝りてねェ。

「こンの酔っぱらいが! おめえさん、自分が何やってンのかわかってるのか?」

彼女の背中に腕を伸ばして声を荒げると、再びココネは体を起こした。

普段のコイツからは想像できないほど、したたかな笑みを浮かべていた。

「夕神さんだって乗り気……ですよね?」

「ッ……!」

彼女の手が、俺の自身に触れていた。

いくら平静を装っていても、理性なんざ及ばねェ場所だ。

それに、コイツには俺の感情を読み取るチカラがある。

燃え始めた俺の感情を。

「ハッ……! ココネ、大人を……ッ」

「なっ!?」

俺は彼女の足に自分の足を引っ掛けて、身動きを封じると胸ぐらを掴んで一気に身を捩るように起こした。

先程とは形勢逆転、今度は俺がココネを押し倒している格好になる。

彼女の明るい髪が、畳の上にふわりと舞った。

「……からかうモンじゃあねェ」

ニィッと口角を上げて、今度は俺からココネに口づけた。

急な状況変化に戸惑うココネに仕返しするように、彼女の余裕を封じながら舌で攻める。

「んっ……んんッ、う……あっ、んあっ、ふ……ッ」

呼吸なんざさせねェ。おめえさんだけが気持ち良いようにはさせねェ。

絡めて、吸って、歯列をなぞって。

手首を押さえつけていたはずがいつの間にかコイツの手を握り、もう片方は彼女の頭を抱え込んでいた。

そんなことにさえ気づけねェほど、俺は夢中だった。

コイツの感情を追い立てて、自分の感情を燃え上がらせる。

深く愛そうとすればするほど、彼女の髪が俺の手によって崩れて、青い色した髪紐が結びをほのく。

舌と舌が絡み合うぐちゅぐちゅという水音と、彼女の熱くアルコールの香りを帯びた吐息がお互いを高ぶらせていく。

「んんっ、ふ……ッ、うぅ、んッ、はっ、あっ……ん、んんっ」

ココネは足を忙しなく動かして、ビクビクと背中を震わせた。

震えるほど強くチカラの入った彼女の手を握り返して、俺はそっと唇を離す。

……イキやがった。

何度か肩で息をして、彼女の手を離すと俺は、目にかかる前髪を一度掻き上げた。

汗を含んで少し湿った髪が、パラパラと時間差で降りてくる。

見れば、彼女も荒い呼吸をしていた。

虚ろな瞳には涙がにじみ、頬は一層紅の色を濃くしている。

ぬらぬらと濡れた唇はだらしなく開いている。

白い肌も沸き立つような熱が集まっているのがわかるほど、小さな珠がふつふつと浮かんでいた。

「ココネ……」

名前を呼ぶと、ゆっくりとその瞳が視線を泳いだ。

その目と目がかち合ったとき、突然彼女が両手で顔を覆った。

「………………夕神さん、スミマセン」

「ようやく正気に戻ったかい、居眠り姫さんよォ」

「うぅ……今すぐ穴掘って埋まりたい気分です……」

彼女を今襲っているのは恐らく羞恥。

胸元のモニ太の色でも丸わかりだ。

「ハァッハッハ! そいつァ残念だったな、ココネ」

「ひゃいぃっ!」

彼女の片手を引き剥がす。

まるで茹で蛸みてェな顔がこちらをうかがっていた。

「どうやら今度は俺のタガが外れちまったようだぜ、ココネ。……覚悟しなァ」

「えっ、えっ、ええ―っ!?」

ココネの制止に動じることなく、俺は彼女の首元に食らいついた。

軽く歯を立てると、くぐもった声と共にビクリと体が反応する。

首筋をなぞるように舌を這わせると、今度は背筋が痙攣するようにひくついた。

「……饅頭のせいかァ? 今日は随分敏感じゃねェか」

「違ッ……いますっ、多分……ッ!」

「あくまで否定するかい。それなら、俺もおめえさんと同じ境地に行ってみるとするかねェ」

「え……っ?」

俺は座卓の脇に置いてあった、らくだの一升瓶を手に取った。

蓋を外せばポンッと軽快な音が響く。

瓶から直接酒を煽って喉を数回鳴らす。

口の端から幾筋か芳醇な水が滴り、粒となってココネの頬へ落ちた。

「はァ……、へッ」

瓶を降ろして彼女を見やる。

呆気にとられたココネの顔が、またみるみる赤みを帯びていく。

「ゆっ、夕神さん、ま、さか……」

「相変わらず察しのいい耳をしてやがるぜ。……言っとくが、誘ったのはおめえさんだからなァ、ココネ」

もう一度キスをする。

酒の味に痺れた舌を、彼女のそれに絡める。

酒は強い方ではあるが、思いの外酔いが回るのが早い。

恐らくそれは、既に俺が興奮しているからだ。

饅頭を食いすぎて酔っ払う、なんて色気のねェ女に欲情している。

まだまだ子どもだと、踏みとどまらなければいけないという想いを、酒のせいにして見ないようにする。

彼女の髪紐を取り払い、両の手のひらで頬に触れるようにして再び彼女の頭を抱えた。

「んんぅッ、う……んッ……んんッ……!」

熱い。

コイツの口内も、俺の吐息も。

角度を変える。熱は逃げない。ただただ上昇するだけだ。

「……はァ、ココネ……ッ!」

「ゆうッ……ぁ、んんッ」

思う存分吸い上げて唇を離す。

蕩けそうな瞳でココネが俺を見ている。

汗ばんだ頬を、同じように濡れる彼女の頬に擦り付けた。

「どうしておめえさんはそんなに俺を煽ンのが得意なンだァ? 全部聞こえちまってンだろう、俺の感情がよォ」

こめかみを人差し指で数度叩いてから彼女を見やると、下唇を噛み締めたココネが頭を大きく左右に振った。

本当、わかりやすい奴だ。

「コイツは素直なンだがなァ」

「……ッ!」

淡紅色を発するモニ太をココネの胸元から外して取り上げた。

簡単に答えを得るより、本人の表情から推測するほうが性に合う。

畳の上を滑らせると、空の饅頭の箱に当たって止まる。

俺は体を起こすと、着ていた外套と胴衣を脱ぎ捨ててタイを緩め、手早くワイシャツも上半身から取り払った。

そして今度は、体のラインにぴったり沿った彼女の白いシャツを下から上へと押し上げる。

途中で親指にかかった下着も同時にだ。

「ひゃいいいッ!」

また色気のない声をココネが上げた。

外気に触れてふつふつと泡立った彼女の肌は、いつもより幾分熱を持っているように感じる。

弾けるように飛び出した双丘の間には、彼女の澄んだ空色のネクタイが絡みついていた。

「ふあッ!」

主張する赤い華を指で弾くと、甘い声と共にその突起がふるふると震えた。

やわらかい胸をゆっくりとほぐすかのように揉む。

喘声を発するのを堪えるようにココネが自分の口を手で塞いでいる。

そんな仕草が余計に唆るってのをコイツはわかっちゃいねェ。

「耐えようってンなら、最後まで耐えてみせろ。ココネ」

「なっ、やッ……!」

彼女の右胸に舌を這わせる。

円を描くように周囲を攻めて、突起を絡め取る。

もう片方を指で軽く弾いたり、摘んだりを繰り返すとあっけなく彼女が艶めいた声で鳴き始めた。

「あっ、はぁっ、ンンッ、ゆ、がみッ、さ……ッ、あッ」

「……へっ、早くも陥落かァ? もうちいっと楽しませてくれよ、弁護士サンよォ」

わざと音を立てて唇を離すと、また彼女の体が震える。

肌に張り付いた長い髪が、その揺れとともに靡いた。

「それともアレか? 他の場所を攻めて欲しいってェ、言ってンのか?」

「ちがッ……いま……ッ」

「ハッ、違やしねェ。そいつァ、異議ありだぜ」

「ッ……!? ソコ……ッ」

彼女のスカートをたくし上げて、その奥に触れる。

ストッキングとショーツの布越しだったが、指で軽く押すだけで卑猥な音を立てる。

「これだけ濡らしてンだ、もっとどうにかして欲しいンじゃねェのか?」

「ううっ……」

視線を落とすココネの表情は恥じらいに揺れている。

目尻に溜まった涙も、頬に張り付く髪も、艶めく唇も何もかもが俺の劣情を駆り立てる。

「……俺ァ、おめえさんと違って相手のココロは推測しかできねェ。ハッキリ口で言ってもらおうか」

「そんな! いっ、いつだってお見通しじゃないですか……ッ!」

「さァ、どうだかねェ」

ココネを焦らしながら俺自身も焦れている。

感情を読み合って、掴み合って、そうして高め合って。

その後に待つ快楽を狂おしいほど待ち焦がれている。

「……て、ください」

「あァ?」

「さっ、触って……ください」

「……どこを、どんな風にだ」

俺も大概酔いが回っている。

こんな言葉、素面じゃ決して出てきやしない。

「ゆっ、夕神さんの意地悪~~ッ!」

「へっ、抽象的に言われても俺にゃァ、わからねェなァ」

ニイィッと笑うのすら、本当は限界だ。

今すぐコイツを欲望のままに抱いてやりたい。

「わっ、わたしの……そ、ソコを……今、夕神さんが触れてるソコを……」

躊躇いながら紡がれる声に、俺は思わず息を呑む。

「気持ちよくなるように……触ってください」

「…………上出来だ」

言うと、俺は押し付けていただけだった指をくぼみに沿って上下に擦る。

プクッと小さな膨らみが指の腹に当たる。

ショーツの上から摘んでコリコリと弄べば、一層良い声をココネが上げた。

「ああッ、やっ、ンッ、はぁっ……ゆ、がみ……さ……ッ」

ゾクゾクした。

緩んだ彼女の表情に、声のトーンに、扇情的な肢体に。

堪えきれずに俺は、彼女の秘部の上にかかる薄い網に軽く爪を立てた。

ピッと弾けた小さな穴は、少しの力を込めるだけで、すぐにその領域を増やした。

「夕神さん!? 何、を……」

「へっ、パンストの一枚や二枚、あとで買ってやらァ」

俺は彼女を抱き上げて、脱ぎ捨てた外套を掴んで畳の上に広げた。

そこにココネを降ろして、彼女の両足を無理矢理上げさせる。

黒いストッキングに空いた大きな穴から白いショーツが覗いて、染みと呼ぶには些か首を傾げるほどに愛液で濡れているのが見て取れた。

「やだっ……恥ずかしい、です……っ!」

「いくら嫌がっても止める気はねェ。俺ァ、おめえさんのココロに忠実に動くだけだ」

「ひあっ……!」

クロッチを横にズラして、直接ココネの秘部に触れた。

蜜で満たされたソコには、真っ赤になった莟が震えている。

人差し指と中指でかき回すたび、じゅぷじゅぷと音を立てた。

「だっ、だめッ……! だめ、だめぇ……ッ!」

ビクビクと大きく体を跳ねさせて身を捩らせるココネに、俺の自身がこれ以上なく張り詰めるのを感じる。

「……ッ、ココネ」

指を止めて、彼女の脚に腹部に胸にと口づけをして上っていく。

力なく足を降ろしたココネが、肩で息をして俺を眺めている。

「ゆう、がみさんのココロ……ビリビリ、伝わってきて……、わたし、わたし……ッ」

縋るようにココネが両腕を伸ばした。

ココネの顔を真正面で見られるように、俺は体を動かした。

髪を撫でると、一心に抱きしめられる。

お互いの体温は一層高まっていた。

「……今、おめえさんの耳に聞こえてンのが、俺の邪な感情だけってェなら」

彼女の髪を弄んで、頬へ手を滑らせて。

「それを聞いて喜ぶ自分テメェ自身は相当歪んでやがンなァ」

口の端を上げて笑う。

彼女の表情を読む前にキスをする。

舌と舌から伸びる糸が切れてしまうのを惜しむ。

ベルトを外して、ムスコを取り出した。

行為を始めてから触れてもいないのに、硬く反り上がっている。

彼女の秘部にあてがうと、先端が愛液でぬるりと滑った。

「っ、ああああッ!」

「くっ……」

膣内へと自身を差し入れる。

その場所も肌にも増して熱かった。

初めてではないとはいえ、少しばかりきつい。

それでも止め処なく溢れ出るツユに助けられて全てを収めた。

「…………ココネ」

一息ついて彼女の名を呼ぶ。

強く瞑った瞼を開いて、ココネが俺を見る。

「先に言っとくが、俺ァもう加減できねェ。腹ァくくれ」

「ゆう……ッ、ああッ!」

一度腰を引いて再び打ち付ける。

その動きに呼応してココネが鳴き、彼女の胸が厭らしく揺れた。

「あっ、やっ、はあッ、んん……ッ、うっ、ふっ……!」

「……ッ、ふッ……、クッ……」

腰を打ち付ける音と女の声。

ココネの愛液が弾けて互いの腹部に散る。

腰から上へ右の手のひらを這わせれば、また体が跳ねる。

たどり着いた先にあった手を握ると、堪らず握り返してくる。

吐息にのった酒のにおいと、女の香りが混じり合う。

俺がテメエ勝手に動いているだけだってェのに、コイツの声に滲むのは悦びだ。

それを感じて俺のブツはまた質量を増しやがる。

……へっ、どれだけ俺ァコイツのことを。

「あっ、ゆうッ、がみさッ……! あっ、はあッんっ、ううッ」

ココネは今にも溶けそうな顔を俺に向け、首を小さく横に振る。

限界が近いことを示しているのだとわかった。

「ああッ、あ……は、あッ!」

腰に据えていた方の手を互いが繋がっているすぐ上で震える莟へと伸ばす。

打ち付けながら、小刻みに指を動かすと声が更に艶めくと同時に、コイツの奥がキュウキュウと締めやがる。

持って行かれそうになる意識をなんとか掴んで、彼女を激しく攻め立てた。

「あふ……ッ、あッ、ああああッ……!」

彼女の上半身が浮き上がり、その声音からも彼女がイッたことがわかった。

汗ばんだ頬を撫でてやると、無意識なのか意図的なのか自ら擦り寄せる。

その仕草に胸が高鳴った。

「っ! 夕神さん!?」

ココネから自身を一気に引き抜くと、彼女をうつ伏せにさせて腰を持ち上げた。

胸が見えなくなったのはちぃっと残念だったが、代わりに華奢な肩と長い髪が滑り落ちるしなやかな背中、そして程よく引き締まった尻が視線の先にある。

「宣言したはずだ、腹ァくくれってなァ」

「なっ……!? わたし、もうダメ……ダメなのにッ、っ、あああッ!」

どれだけ拒まれても止める気がなかった。

理性ってのは、酒が入るだけでこんなにも簡単に無くなっちまうモンなのか。

彼女が腕を、膝を傷めないように気を揉むだけで精一杯だ。

「……はっ、ココネッ、ココネッ……!」

「ゆっ、がみさぁ、んんッ、あッ」

壊れちまうンじゃねェか。

そう頭のどこかで考えたが、体が言うことを聞かない。

好きだ、愛している。

なるべく口にすまいとしていた言葉が、感情が、自分のなかで爆発でもしたかのように彼女を求めた。

「はぁッ、んんッ、んくっ、あっ、ああッ」

挿入したまま彼女を抱きかかえ、畳に胡座をかいて座り込む。

跳ねる彼女の胸を捉えて、先端を指で捏ねた。

下から腰を打ち上げれば、息と混じり合った声が辺りに響いた。

「すきぃ……すきぃッ、ゆうがみッ、さんッ」

だらしなく開いた唇は愛の言葉を紡ぐ。

俺はと言やァ、コイツの名前を呼ぶので限界だ。

「ココネ……ッ、ココネッ、ン……ッ」

後ろから首筋に吸い付くと、真新しい紅が色づいた。

ジリッと胸の内が疼いて、もう終わりが近いのだと知る。

腰の動きを速めて、名前を繰り返し呼んで。

「あッ、んんんんーーッ、んんッー!!」

「……くっ、………ッ、は……ッ、は……」

ココネの中へと自分の精を吐き出した。

……俺ァ今、激しく後悔していた。

ここンところ仕事が続いていやがったこと。

昨夜、馴染みの饅頭で一杯引っ掛けたこと。

翌日その後片付けもせずに出勤したこと。

そして、ココネに家の合鍵を渡していたこと。

さらに。

「はぁ……、はぁ……ッ」

俺の外套の上にぐったりと横たわるココネ。

そう。煽られたとはいえ、酒の力に頼って彼女を好きに抱いてしまったこと、だ。

「……すまねェ。暫く起き上がれそうにねェな」

モノを引き抜くと、ココネの体がぶるりと震えた。

手のひらで頬を撫で、親指で目尻の涙を拭ってやる。

するとココネのまだ熱の引かない手が俺の手に重ねられた。

「いつもこんなのはイヤですけど……」

イヤという言葉が俺を肩から斬りつける。

しかし、ココネは恥ずかしそうに目線を逸らせてから続けた。

「でも、夕神さんがわたしを……求めてくれてるのがわかって、だからその……嬉しかったっていうか……」

そう言ってココネが見上げ、俺は間髪入れずに顔を寄せて口づけた。

舌の先で戯れるだけのキスのあと、ココネは俺の背に腕を回す。

「もっ、元はと言えばわたしが悪いですし……えっと、たまにはこういうのも……良いかなって」

「……その証言、忘れるンじゃねェぞ」

額と額を合わせて笑うと、俺はまたココネにキスの雨を降らせた。

next
back

return to page top