home > text > > 君に嫉妬【巽 完二×白鐘直斗】

君に嫉妬【巽 完二×白鐘直斗】

君といると嫉妬する。
その大きな手に。
見上げてしまうほどの高い背に。
僕を簡単に抱き締めてしまう体に。
たまらなく欲しかったものを兼ね備えている君が、羨ましくてしかたないんだ。
「あ? どうした?」
僕の視線に気づいた巽くんが、不思議そうに見つめてくる。
「い、いえ」
そう言って顔をそらす。
かぁっと頬の辺りが熱くなった。
(……わかっているのに)
無い物ねだり、なんて子供じみている。
自分のなかに眠ったもう一人の自分にまた、笑われてしまいそうだ。
……と。
「!?」
右手に暖かくて柔らかい感触がして、僕はは思わず、巽くんを見上げてしまった。
「……い、嫌か?」
真っ赤な顔をした巽くんの目は、僕に向けられたはずの問いなのに、視線が泳いでいる。
僕は僕で予想外の出来事に混乱した頭を整理して、やっと状況を見出だす。
(手……、手が……)
手を繋いでいる。
彼の武骨に見える手が、自分のそれを包んでいる。
どうしてだろう。
抱き締められるよりも妙にくすぐったくて、恥ずかしい。
「嫌ならよ、ちゃ、ちゃんと……言えよな」
彼の声に大きく首を振る。
「わっ、わからないです……その、でもい……嫌じゃない」
思うように声がでなくて、つっかえてしまった。
それが更に僕の羞恥心を増幅させた。
「な、ならいいけどよ」
嬉しいのに苦しい。こんな感情、君に出会うまで知らなかった。
僕の欲しいものばかりもっている君が、僕が知らないものを次々呼び覚ましていく。
なんだかとても悔しくて。
「……巽くん」
「あん? って、うおっ!?」
繋いだ手を強く引いてかかとを上げる。
驚いた彼の顔。
そして。
「……!?!?!?」
少し強引な額へのキス。
いつもなら、されるのは自分たけど。
「ふふっ……巽くん、また明日」
たまには君の上をいってもいいだろう?

next
back

return to page top