home > text > > 不可解な感情【巽 完二×白鐘直斗】

不可解な感情【巽 完二×白鐘直斗】

「ぶぇっくしゅっ」
廊下の真ん中で大きなくしゃみ。
少し驚いて見ると、鼻をすすっていたのは、巽完二だった。
(……自業自得というか)
思わず呆れてため息が出る。
今日の天気は雨だ。
登校中の出来事が思い出される。
直斗が差し出した傘を断って走っていった完二。
何故断られたのか、理解に苦しむ。
「……雨の中、ずぶ濡れになるからですよ」
「あん?」直斗の声に目の前の彼が振り返る。
視線がかちあうと。
「直斗!?」
一気に顔が赤くなり、すぐに目をそらされる。
その行動がなんだかとても不愉快だ。
「なんですか、それ」
思わず感情を含んだ声が出る。
避けられている。
そう思えて仕方がなかった。
周囲と距離がある事には自覚がある。
現にそうしてきたのは自分だ。
なのに何故彼の態度が気に入らないのだろう。
「巽くん!」
完二の腕を勢い良く掴んだ。
それは、直斗が思う以上に強い力だった。
「うおっ!?」
「えっ?」
不安定に完二の体が傾く。
そのまま直斗もバランスを失って━━
(倒れる……!?)
視界がぐるんと回って、目を閉じる。
……鈍い衝撃。
けれど予想していた程のものではない。
(一体なにが……)
恐る恐るまぶたを開く、と。
「━━っつー!ったく……っげほっがふっごほっ!」
声と共に体に伝う振動。
「巽……くん!?」
自分の下敷きになっていたのは、間違いなく巽完二で。
「ごっ、ごめん! そ、そのっ」
勢い良く体を離したその時、庇うように背中に腕を回していてくれたことに気づいた。
「……ケガは、ねえっ、よう……っきっしゅんっ、だな」
くしゃみ混じりでそう言ってフラフラと立ち上がった完二が、まだしゃがみこむ直斗に手を差し出す。
「あっ……すみません」

「「あっ!」」

人差し指が触れて、お互い気づいたように手を引っ込める。
心臓が強く脈を打った。
「じ、自分で立てます、から!」
「お、おう。そ、そうだな!」
そそくさと立ち上がり、ホコリを払う。と。
「っ、ぶっしょいっ!」
「す、すみません……」
直斗の無事を確認したように、完二がきびすを返す。
ずずっと、また鼻をすする音。
「あっ、あの……」
ありがとう、といいかけて口をつぐんだ。
胸が苦しくなるばかりで、うまくの声が出ない。
「あ……む、無理はしないで下さい。あなたは重要な戦力なんですから」
……どうして自分はこんな言い種しかできないのだろう。
「っ、くしゅっ! ……おう」
ひらひらと降られる手。
曲がり角に消える彼の後ろ姿を直斗は眺めるしかできなかった。
「……僕は何がしたいんだろう」
胸元を掴む。
まだこの心音は静まりそうにない。

next
back

return to page top