home > text > > 前の日【リヴァイ×ハンジ・ゾエ】

前の日【リヴァイ×ハンジ・ゾエ】

「そろそろ来る頃かなーって思ってたよ」
「……チッ」

小さな舌打ちをして、リヴァイが後ろ手にドアを閉める。
右手には湯気の上るマグカップが2つ。
中身は分かる。
彼好みのコーヒーだ。
けれど、その彼好みの味がハンジは好きだった。

「ありがと」

ギシギシなる椅子から立ち上がり、カップを受け取る。
そして、どっかりベッドに座り込んで、彼も隣へ促した。

「楽しみだね、明日」
「何が」

短く聞き返される。
そりゃあ、貴方は楽しみなわけがないか。

「外に出られるからさ! あ〜早く会いたいなあ〜、巨人ー!」
「……この奇行種が」

グイッとリヴァイがコーヒーを飲んだ。
ハンジもゆるゆると傾けたあと、口に含む。
苦い味が広がり、いいにおいが鼻を包んだ。

「……リヴァイはさ」
「あ?」
「どうして壁外調査の前日は、私のところへ来るの?」

兼ねてからの疑問をぶつけてみる。
リヴァイはまた少しすすって視線を反らした。

「……たまたまだ」
分かりやすい嘘だ。
ハンジは無言でコーヒーを飲み干した。
じんわりと体の中を温もりが広がっていく。

「ハンジ」
「ん? っ、ふ……っ」

キスをされた。
名前を呼ばれて、顔を横向けると同時に。
この良い香りは、自分だろうか。
それとも、彼?
ぷちゅ、と小さな音を立てて、唇が離れる。
リヴァイの髪が、ハンジの頬をくすぐった。

「……いいか」

答えなんて決まっている。

「もちろん」

気づけばリヴァイのマグカップは、既にサイドテーブルに避難されていて、ハンジの手の中のものも、彼にひょいと持ち上げられた。

「あっ、ちょっと私の……」
「たらたら飲んでいるからだ」

呆気なく飲み干されて、それも避難。
なんのために持ってきてくれたのか分からなくなる。

(いや、ただの口実か)

人類最強と言われる彼の、子どものような不器用さに笑みがこぼれた。

「何笑ってんだ、クソメガネ」
「なんでもないって、可愛いな。リヴァイは」
「あぁ?」

彼の頬に触れて、今度は自分から口づける。
薄い彼の唇を舌でなぞった。

「ッ、メガネくらい外せ」

言われて、取り上げられる。
抗議をする前に、再びキスされた。
下唇を吸われて、啄んで、そして舌を入れる。
いつだって冷静に見える彼が、熱くなるその様を感じるのが、ハンジは好きだった。

「んっ、ふっ……」

そのまま、ベッドに押し倒される。
慣れた手つきで髪を解かれた。
ああ、思えば何度目だろう。
こうして、彼に抱かれるのは。

「……ハンジ」

唇を離して、リヴァイが呟く。
その声はほとんど息が混じって掠れた。

「お前は暖かいな」
「は……?」

言葉の意味を理解できずに、ハンジは目をぱちくりさせた。
リヴァイは構うことなく、彼の頬へ、首へと唇を這わせる。

「ちょ、ちょっとリヴァイ?」

くすぐったくて、制するように両手で彼の頬に触れた。
それでも彼は止めることをしなかった。

「っ━━━━」
「いっ……」

痛みとは言えないほどの小さな痛みが首筋に走った。
リヴァイが離れると、それはじんじんと緩やかに広がってくる。
「……なぁ、ハンジよ」
「ん?」

ぼやけた視界で彼を捜す間もなく抱きしめられた。

「……お前は俺のいないところで死ぬな」

そうか。やっと分かった気がする。
貴方がここに来る理由が。

「それは、私を見くびってるってこと? 一応、分隊長なんだけど?」
「可愛げのねぇ女だな」
「知ってるでしょ?」

笑みをつくる。
すぐに、吹き出した彼の声が聞こえる。

「違いねえ」

ああ、そうか。人類最強の英雄ではなくて。
ひとりの人間であるリヴァイがここにいる。
明日の壁外調査でも、多くの人間の命が危険に晒される。
自分自身もいつ、どこでどうなるかわからない。

「……ここに置いていってよ。そんな弱音はさ」
「もうとっくに置いていってる」

噛み付くようなキス。
もっと、とせがんで。
更に深く唇を重ねて。
触れた肌と肌のぬくもり。
少しの隙間も許せなくて、きつくきつく抱きしめる。

「死なないよ、私は」

そう言うと、ハンジを抱きしめるリヴァイの腕に力が入った。

……貴方が弱くなれる場所がなくなってしまうから。

next
back

return to page top