home > text > > 僕の大切なひと【神尾アキラ×橘 杏】

僕の大切なひと【神尾アキラ×橘 杏】

あいつにだけは渡せない。
渡さない。
僕の大切なひと。

「勝負だっ!桃城武!!」
「あん?」

俺はストリートテニス場の階段の上から、下の道を通過しようとしている桃城に向かって叫んだ。

「杏ちゃんは渡さねぇっ」

首を傾げていた桃城は、今の言葉で全てを飲み込んだようだった。

「望むところだぜ」

にやりと笑うと、駐輪場に自転車をとめ、階段を登ってきた。

「はぁ…はぁ…やるじゃねぇか…っ」
「…はぁ…あったり前よ。好きな女賭けられたら…はぁ…黙っちゃいねえなぁ、いねぇよ」

三十回目のタイブレーク。
取っては取られ、取っては取られ。
お互い一歩も引く気はない。
ようし、このサーブで蹴りをつけて…

「何やってんのよ?!」

見ると、杏ちゃんが汗だくで入り口に立っていた。

「バカじゃないの、二人とも!こんなになって…。泉くんに言われて来てみたら…。もうすぐ大会なのに…」

気づくと、自分の体は擦り傷だらけ、立つこともままならないほど疲れきっている。

「何でこんなことしたの?」
「…内緒」

杏ちゃんに支えられながら桃城が言った。

「まだ…俺は、お前の近くにいるわけにはいかねぇんだ…」

桃城がつぶやいた言葉を、俺もそして杏ちゃんも聞き取ることはできなかった。

「神尾、この勝負お預けだな」

杏ちゃんから離れて、桃城はラケットを俺に向けて指した。

「おぅ、何が何でも勝ってやるっ」

お前には渡さない。
渡せない。
僕の大切なひと。

next
back

return to page top