home > text > > 特別な存在【桃城 武×橘 杏】

特別な存在【桃城 武×橘 杏】

いつも通る曲がり角。
その先にあるスポーツ店。
そこから出てきたのは貴方と………知らない女の子。

嘘だと思った。
見間違いだと自分に言い聞かせた。
けれど、貴方はその子に楽しそうに笑いかけた。
……自分は特別だってなんで思ったのかな。
貴方は誰にでも優しいのに。
そう思うと悔しくて元来た道を走り始めた。

「……ははっ。自惚れすぎ」

自嘲気味に無理して笑って、惨めすぎて涙が出てくる。

「学校違うのに当たり前だよ…」

人通りの絶えない街路で私は泣き崩れた。

━━━━……

「ねぇ、桃先輩。昨日、女の人と歩いてたでしょ」

部活の休憩時間、越前がファンタを飲みながらそう、俺に尋ねた。

「ん?あぁ、クラスの女子だけど」
「へぇ…桃先輩の彼女な訳?」
「ぶほっ!は…はぁ?!」

俺は飲んでいたスポーツドリンクにむせながらも越前に聞き返した。

「だってフツー、あんな仲良さそうに男女で歩かないじゃないッスか」

日本ではそんなもんだって親父に言われたと越前は言った。

「ちげーって!あれはアイツがテニスしてーっつーからラケットを…」
「二人で行ったらデートでしょ」
「だから俺は好きな奴は別に居…」

そこまで言って気がついた。
俺の言葉に部員全員が注目していて…。
エージ先輩なんか満面の笑顔で。
部長に至っては青筋を立てていた。

「越前!桃城!部活中の私語は許さん!校庭10周!!」

……ついてねぇな、ついてねぇよ。

部活終了後、越前を後ろに乗っけてチャリをこぎだした。

「んで?桃先輩の好きな人って」

にやにやした顔で言っているのが声の調子でわかる。

「どーでもいいだろ、んなことわっっ」

熱くなった顔を早く落ち着かせようと思いっきりペダルをこぐ。

「不動峰の‘橘妹’さん、とか?」

キキキーッッと豪快な音を響かせながら俺はチャリを急停車させた。

「ちちちちちげーよ!」
「ドモリすぎ。バレバレッスよ」

やはりにやにやしながら越前は言った。

「べべべべ別に俺は橘妹のことすすす好きな訳じゃっっ」
「まぁどっちにしろ可能性は低いんじゃないッスか?」
「え?」

そして越前の声が少し低くなった。

「…昨日先輩見たとき、近くにそのヒトも居たんスよ。すぐに居なくなっちゃいましたけど」
「は?」

状況が良く理解できずに俺は聞き返した。
越前は得意の‘まだまだだね’の顔で型をすくめた。

「俺と同じ風に考えたんじゃないッスか?‘橘妹’さん。桃先輩がデートしてるって」
「嘘…だろ?」

俺はチャリのハンドルをギュッと握った。

「さあね。でもその確率96%。乾先輩的に言うと」
「………高いじゃねぇか」

後は桃先輩次第と越前は静かに笑った。

「ストリートテニスに行ってくる」

俺は越前に見送られながらチャリをストリートテニス場へと進めた。

━━━……

「……諦めるか」

ストリートテニス場のベンチで私は空を眺めていた。
泉くんたちとテニスしたり、こうしてぼーっとしていることで、モモシロくんを忘れられるような気がした。
ヒトを好きになるのは初めてで、失恋するのも初めてだった。

「もう……いいや」

ゆうべ、さんざん泣いたというのにまだ涙が溢れてくる。
ホントは良くない。
諦めたくない。

「橘妹っっ!!」

遠くから聞き慣れた声がして、思わず振り向いた。

「モモシロくん…」

私は何事もなかったように彼に笑顔で話しかけた。

「モモシロくん、こんにちは!……って、もう今晩和、かな」

モモシロくんは何故か呆気に取られたような顔をして私を見た。
滝のように汗を流して、息も荒かった。

「どうしたの?すごい汗…」
「お前!昨日どこに居た?!」
「え?!」

まさかそんなことを言われるとは思わなかった私は驚いた。

「昨日…俺をどこかで見たか?」
「そういうことはあまり言わない方がいいんじゃない?」

再び出てきた涙を隠すように私はモモシロくんに背を向けた。

「彼女さんに悪いでしょ」

私はモモシロくんにとって、たくさんいる友達の中の一人であって、それ以上になることはない。
なんでこんなこと言っちゃうんだろう。
自分で言ったことに苦しむのは私なのに。

「彼女じゃねーよ。アイツは彼女じゃない」

その一言に私の体はモモシロくんを向いてしまった。

「…なに泣いてんだよ」

もう隠しようもない涙をモモシロくんが拭おうとする。

「…わかんないよ」

私はそう呟いた。

「モモシロくんは誰が好きなの?」

ほんの一瞬モモシロくんの手が止まり、それが私の頭に回された。
そしてそのままモモシロくんの胸に顔を押しつけられた。

「………杏だ」
「え?」

耳元でモモシロくんが静かに言った。
彼の鼓動が速くなるのを感じる。
私の鼓動が速いのもわかるかな。

私たちは抱き合ったまま、しばらくその場に立ち尽くしていた。

next
back

return to page top