home > text > > run away!【桃城 武×橘 杏】

run away!【桃城 武×橘 杏】

「あ、来た来た!モモシロくん!」

杏はこちらに走ってくる桃城に向かって大きく手を振った。

「待ったか?」

白い息を吐きながら、笑って彼は言った。
全然、っと杏も笑顔で答え、二人は手を繋いでゆっくりと街路を歩き始めた。
久々に訪れた桃城の部活休み、せっかくだからとこの日に逢うことにしたのだ。

「どこ行こうか」

杏と手を繋ぎ、桃城は尋ねた。

「う~ん、映画館とかどう? 私ずっと見たかった映画があるの」
「いいぜ」

ここからほんの少し下ったところに映画館がある。
行き先をそこに定め、二人はたわいもない話を始めた。
青学のこと、不動峰のこと。
授業の進み具合や昨日起こった出来事など。
そうこうしている間に映画館へと着いた。
早く中に入ろうと桃城はちらりとガラス張りの自動扉の中を見た。

「げ」
「どうしたの?・・・・あ」

そこから見えたもの。
それは明らかに神尾と伊武の横顔だった。
そして・・・・

「っあ!!桃城!」
「アレ・・・何で杏ちゃんも一緒なの?」

向こうの二人も気づいたらしい。
特に神尾などものすごい形相で桃城を見ている。
まさに一触即発の雰囲気だ。

「逃げるぞ」

杏の手を取り、桃城は走り出した。

「くっそ~!リズムに乗るぜ!!」

それを追い、神尾が走り出す。

「……映画、見ないんだ。友情より愛情取るんだ……。…どうせお前はそんな奴だよ」

残された伊武もとりあえず、後を追った。

「待てー!桃城ぉ!よし、リズムを上げるぜ♪」

神尾が速度を速め、どんどん二人との距離がせばまっていく。

「あ゛ー、もう!どうしてこうなるんだよっ」
「ごめんね、私が映画見たいって言ったばっかりに…」
「杏のせいじゃねえよ」

桃城が杏の方から前方に視線戻したとき。

「ぬぁっ」
「に、兄さん?!」

目の前の十字路。
まっすぐ向こうから、杏の兄、橘桔平が歩いてきたのだ。

「杏?…と、桃城…って、何故手を繋いでいる!」
「橘さぁ~ん!捕まえてくださいっ」
後方で神尾が叫ぶ。

「勿論だ!」

前方では桔平が立ちふさがる。
あと数Mで捕まってしまう。
その時。

「ス、スネイク。」

桃城は杏を引っ張って左折した。

「「のわっ」」

神尾が突っ込み、不動峰組が倒れた。

「ラッキー」

間一髪で彼らをまくことができ、桃城はにやりと笑った。

「大丈夫か?杏」

ペースを落とし、杏は大きく息を吐いた。

「モモシロくん、速いよ」

ほんのりピンク色になった頬は今までのスピードがかなりつらかったことを物語っている。

「わりぃ、大丈夫か?」
「なんとか」

息を整え、ふと横を見るとそこは小さな公園。

「ここ、行ってみない?」
「あぁ、いいぜ」

二人はそのままの足取りで公園に入った。
ブランコの前を通り過ぎ、その近くのベンチへと腰をおろす。

「疲れたな」
「でも、ちょっと楽しかったよ」

そして、杏は桃城に少しもたれ掛かった。

「……暑くねえ?」
「ううん、暖かいよ」

桃城はゆっくりと目を閉じた。

「杏もあったけぇ」
「ホント?」
それを聞いて杏も更にすり寄っていく。

「あー、気持ちよすぎて寝そう」
「あたしもー」

そんなことを言い合っていた二人もそれから十分もしないうちに、眠りに入っていた。

「………あ~ぁ、あの映画見たかったのになぁ」

不動峰中近くの河原で伊武がボヤいた。

「あぁ…杏ちゃん、何であんな奴と…」
「杏!!俺は許さんぞ!!」

その横で嘆く神尾と怒り狂う桔平。
彼らの幸せはまだまだ遠いようだ。

next
back

return to page top