home > text > > いつもと違う何かが【桃城 武×橘 杏】

いつもと違う何かが【桃城 武×橘 杏】

「……モモシロくん? モモシロくんってばー」
「……ん? あぁ!」

桃城は、杏の疑問系から不機嫌系に変わった声に、やっと我に返った。
ついつい、周りから言うなら柄にもなく、本人からしてみれば割と頻繁に、なのだが、考え事をしていた。

「ワリワリー。なんかぼーっとしちまった」

そう、コートの向こう側にいる杏に言う。
久しぶりの部活のない休日。
とはいっても、やはりラケットを握らないのはなんだか落ち着かないもので、どこか壁打ちでもできるところはないかと探していたものの、やはりいつものようにこのストリートテニス場に、桃城は来ていた。

普段は、玉林中の布川たちやら、不動峰中の神尾やらが取り巻いているのに、なぜか今日は杏しかいなかった。
……というか、次の大会まで何週間もないってのに、突然の休みになった青学が特異なのか。

(相変わらず、セーラー服でプレイされっと、目のやり場に困るぜ)

レシーブの体制に入っている杏の、スカートが風になびいている。
短く感じるそれからは、白い彼女の脚がスラリと伸びている。
真後ろから見れば丸見えだ、なんて、今は想像する必要のないことを頭に巡らせてしまうのは、男の性、ってやつだろうか?
ボールを高く上げ、ラケットを振り下ろす。
心地良い音が、この桃城と杏の二人しかいないテニスコートに響いた。

桃城が考えていたのは、もちろんスカートがどうとか生足がこうとか、そういう事ではない。

(っと。相変わらず、のっけから遠い上に深いところを突いてきやがるぜ)

杏のボールが、自分から遠い端にめがけて弧を描く。

(……やっぱ、なんかブレてんな)

ボールに触れたラケットから伝わる、微細だが違和感のある振動。
以前、杏と打ち合ったときには感じなかったものだ。

「っええいっ!」

彼女に向かって、こちらも深い球を返す。
深く、それでいて速い……打ち返してもやっと……という球を。
体を前進させ、ネット際に立つ。

「きゃああっ」

狙っていた、中途半端な高い球。
右足で、地を蹴って、宙を。

「ダーンクスマッシュッッ!!」

相手コートに向かってボールをたたき落とす。
そして。

「どーん……ってな。6-1。俺の勝ち、だな」
「あぁ、もう。また負けちゃった……。んもう、女の子にはもっと優しくするもんだぞ!」
「なーんて言って、本気でやらなくても怒るだろ、お前は」
「へへへ。ま、そうなんだけどね」

杏は笑って、右手を差し出した。
桃城も手を伸ばそうとして、Tシャツで手のひらの汗をぬぐってから、もう一度差し出した。
握った手。
自分より細くて小さいそれに、少しドキッとする。

「そういえば、橘妹」
「ん?」

杏が小さく首を傾げた。
肩まで切り揃えられた髪がサラサラと流れる。
ふと、桃城の目線は、彼女の髪から瞳へ移った。

「っ!?」
「きゃっ」

桃城は、握手を交わしていていた手を振りほどくと、そのまま彼女の腕を掴み、自分の懐へと引き寄せた。
甘い香りが鼻をくすぐり、同時に、不意を付かれて杏が落としたラケットが、カラカラと地面を転がった。

「泣いて……たのか?」
「!?」

杏は、桃城から離れようと、即座に身をひこうとした。
けれど、それは叶わず、せめてと、顔をそむけた。

「何があった」
「…………」
「今日のお前の球、変なブレがあったからよ。何かあるんじゃねぇか、とは思ってたんだ」
「……そんな」

信じられない、という顔で、杏が桃城を見上げる。
今にも泣き出しそうだ。
桃城は、さらにぐいっと、彼女の頭を自分の胸へと押し付けた。
二人の体の間で、ネットが上下に揺れた。

「……ワリーな。ちょっと汗クセーかもな」
「そんな……こと……」
「言ってみろよ。……俺で良ければな」

杏のことだ。
きっと、誰にも言えずに抱え込んでいるに決まっている。
そう、桃城は思った。
誰にも言えずに、溜まったものを吐き出したくてここに来たんだろう。
なんでか、そんな気がした。

「……どうして、今日桃城くんしかいなかったんだろうなぁ」

そう言って杏は桃城のTシャツを掴んだ。

「桃城くんには、すぐにバレちゃう気がしたの」
「……そうか?」
「うん、桃城くんて人のこと気にしてないようで、結構気にしてるからさ」

明るい声。
けれど、かすかに震えている。

「レギュラー、取れなかったの。今度の大会。補欠にもなれなかった」
「お前が?」

桃城は少し驚いた。
今日は6-1だったにせよ、男に負けず劣らずの力強い球と、冷静さがある杏が。

「先輩たちに目をつけられちゃってね。氷帝の人たちと一緒に居たのが気に入らなかったみたい。そんなことで、レギュラー外されちゃうなんて、思ってもみなかった」
「はっ? そんなことで、か? だってお前、どう考えても主力級じゃないのか?」

あまりにも程度の低い理由に、桃城の声は思わず裏返った。
普通に考えて、青学では起こらない出来事だ。
……新人イジメなら、一部やっていたバカが居たが。

「……それは買いかぶりすぎだよ! でも、実力で評価されないのは……ツライね」

どうしたものか、と考えて、桃城は、杏の髪をゆっくりと撫でた。
杏がピクリッと肩を震わせた。

「わっ、わりぃ。その、なんか、つい、妹をなぐさめるときと同じようにやっちまった」

焦って、また声が上ずった。
どうにも格好がつかねーな、つかねーよ、と心のなかでため息を付く。

「……ふふ。桃城くんの妹さんは幸せ者だね。妹さんの特等席、奪っちゃったかな」

そうやって顔を上げた杏は、目尻の涙を人差し指で拭った。

「ありがとう。桃城くん。なんか、元気出たよ」
「お、おう。でもいいのか、それ。お前の兄ちゃんに言えば、なんとかなんじゃねーか」

桃城は、杏の兄で不動峰の部長の、橘桔平を思い出す。
気に入らないから、という理由でレギュラーから外す、というような真似は人一倍厳しそうな気がする。

「お兄ちゃんに言うと、また大騒ぎになっちゃうから。でもね」
「あん? うおっ」

一瞬、何が起きたのか桃城はわからなかった。
気づけば、自分の首に杏が腕を回していて────。

(抱き……つかれてる!?)

状況がわかって、桃城は赤面した。
自分の頬に彼女の頬が触れて。
それは汗でしっとり濡れて。
自分の鼓動がドクドクと音を立てて。

「先輩たちともう一度話してみる。それで、ちゃんと正式に自分の実力を見てもらう」

彼女が声を発するたび、耳がくすぐったい。

「本当に、本当にありがとうね、桃城くん!」

(よくわかんねーけど……ヤクトクってヤツだよな)

家に向かって自転車を漕ぎながら、桃城は思った。

(思ったより細っこいな、アイツ)

先ほどの出来事を思いだす。
自分から首を突っ込んだのに、あとあと考えてみれば、顔から火が出そうなことばかりだ。

(……しっかりハンノウしかけたしな、ホント俺って最低)

だが、最後の彼女の顔。
いつものように笑っていた。
桃城の好きなあの笑顔だった。

(また、会えるといいな)

自分も笑みを浮かべると、桃城はペダルを力いっぱい踏み込んだ。

next
back

return to page top